総量規制対象外のカードローンは、どこ?

総量規制対象外のカードローンはあるの?

カードローンの申請や利用を考えているとき、総量規制という単語を見かけることがあります。この総量規制というのはお金を借りる上ですごく大事なことになるので、しっかりと確認をしておく必要があります。

「総量規制って何?」、「初めて聞いた言葉だけど自分には関係ないかな・・・」と思っていると、お金を借りるときに思うように審査に通らないことも出てきてしまうからです。

カードローンを利用する上で理解しておく必要がありますので、まずは総量規制についてお話をしていきましょう。

総量規制とは?

総量規制というのは、改正貸金業法で定められていて、「借りる人の年収の三分の一以上の融資を禁じる」という規制です。簡単に言えば、収入に見合った金額の融資しかしてはいけませんということですね。

年収が300万円の人が600万円の融資を受けようと思っても、総量規制に引っかかるので融資を受けることができません。これは借りる側が必要以上に融資を受けないように、借り過ぎを防ぐ意味合いが強いです。

一度お金を借りると免疫がなくなり、複数のところから借りてしまい、気がついた時には返済能力を上回るようなことになってしまうことも。そういったことにならないように、借りる人の年収の三分の一以上の融資は受けられないようになっているのです。

それが総量規制です。ですが、実は総量規制対象外のカードローンもあります。もちろん違反ということではなくて、きちんとした審査を通過すれば、年収の三分の一以上の融資を受けることは可能なのです。

銀行のカードローンは総量規制対象外

総量規制のために年収の三分の一以上の融資を受けることはできないという話をしましたが、その総量規制の対象になるのは、

  • 信販会社
  • 消費者金融

などです。上記のところで融資を受けようとした場合、年収の三分の一以上は無理だと考えが方が良いでしょう。もちろん、三分の一以下であれば問題ありません。

実はその総量規制対象外になるところがあります。それが「銀行のカードローン」です。ただし銀行であればどこでも良いというわけではありません。

自分のニーズにあっているところを見つけ、申し込みをする必要があります。もし年収の三分の一以上の融資を希望している方は、総量規制対象外の銀行カードローンを検討してみてください。

総量規制対象外なら、どこでもいいわけではない

銀行のカードローンは総量規制対象外ですが、それならどこの銀行でも良いというわけではありません。銀行では貸出の際、審査が厳格に行われますし様々な条件があることが多いからです。

また当たり前の話ですが、お金を借りる場合は金利についても考えなくてはいけません。金利が低い方が返済をするときに負担にもなりにくいです。

また審査内容も確認をする必要があります。銀行によっては「年収がいくら以上での申し込みに限る」といったように、条件を定めているところがあるからです。闇雲に色々なところに申し込みをしてしまうと、それだけで審査に通らなくなってしまうこともあります。

まずは申し込み条件に自分が当てはまるかどうか、お試し審査がある場合はそれを利用して自分が審査に通るかどうかを確認しておくと良いでしょう。

更新情報